スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今宵のDVD 『TRICK(トリック)』

映画ではありません。

先日、レンタルで「TRICK(トリック)」のDVDを借りてきて鑑賞した。
劇場版ではなく、テレビシリーズの第1作目だ。
公開が2000年7月というから、もう15年以上前の作品となる。

なぜ劇場版ではなく、テレビシリーズを借りて来たかというと、実は劇場版を借りようと思ったのだが、どうせなら最初から見た方が、いろいろ分かるからいいかなぁという軽い気持ちからだった。
なので、近いうちに劇場版も借りてこようと思っている。

さて、実のところ私はこの話のストーリーをあまりよく知らないのだ。
テレビでは、断片的に何度か見た記憶があるが、一つの話を最初から最後まで見た記憶はない。
しかも、今回DVDを借りてきて分かったのだが、このドラマはどうやら連続物だったようだ。

推理物だから、てっきり一話完結だと思っていたのだ。
何んとも間抜けな話である。

しかしながら、連続物とは言っても、1巻のDVDで、キチンと話が収まっている。
その辺りも計算しての放送だったのだろうか。

15年以上前の話だから、多少のネタばれはいいと思うが・・・

技術はあるが何故か売れない女手品師と、自称天才物理学者がコンビを組んで難事件を解決するというストーリーなのだが、私もそれくらいの知識はあったのだが、その程度の知識しか無かった。
この1巻を見て、初めて知る人間関係や世界観の設定もなかなか奥が深そうで面白かった。

「奥が深そうな」というのは、立てたフラグがこの後回収されるかどうかにかかっているといったところだ。

話の内容的には、今回は怪しげな新興宗教から一人の女性を助け出すために、その教祖の秘密を暴くというもの。
これだけ聞くと、一見教祖のトリックはありふれたもののように感じる。

しかしながら、トリックは思ったようには暴けない。
この辺りは、一話完結でないだけに時間をたっぷりと掛けられるだけの強みであろう。
また、話のタイトルに「トリック」と謳っているだけの事はあり、なかなか凝った作りをしている。
DVD1巻を通して十分見応えのある作品になっている。

キャスト陣も、なかなか良い役者をそろえていて見応えもある。

15年前だからだろうか、主役の手品師を演じる仲間由紀恵が非常に可愛らしい。
彼女の演技は、今でも上手なのか下手なのか私の物差しでは測れない独特の演技をするのだが、このトリックでの可愛らしさはとてもよかった。
誰だったかが「国民的貧乳」と称していたが、確かに国民的な笑顔だと思った。

もう一人の主人公の物理学者を演じているのは阿部寛なのだが、こちらは15年後の今と比べても確かに若いのだが、あまり変わっていないという印象だ。 テルマエロマエでもなかなか見せてくれたが、彼もまた、上手いのか下手なのかが測れない独特の演技をする人だ。
この二人がコンビを組んでいるのだから、私にとっては難解というかなんというか、なかなか不思議な見応えのあるドラマになっている。

今回みた感想としては、
劇場版を見る前にこちらを見ておいてよかった。
次に借りるのも、劇場版ではなくて、今回の続きだろうと思う。
テレビシリーズが劇場版になるドラマが幾つもあるが、やはり、それなりに面白い作品なんだと思う。
テレビドラマを最近とんと見なくなったが、今回のドラマはなかなかよかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Danzig1023

Author:Danzig1023
ニコニコ動画とこえ部で
裏方さんをやっております。
気軽にお声かけください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。