スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットロス

先日、うちで一緒に暮らしていた猫が他界した。

彼女は15年一緒に暮らしてきた家族であり、ある一時期、家族を精神的に支えてくれた恩人であった。

今は事情があり、私は家族と離れて暮らしているが、月に一度くらいは家族の元に帰っている。
そして、たまたま帰った時に彼女の様子がおかしい事に気づき、病院に連れて行ったのだ。

彼女は、生まれて数カ月でうちに来てくれたのだが、部屋の中から出ない生活をしていたし、避妊手術もしていないので、予防接種の最初の1年のみで、後は病院とは無縁の生活をおくっていた。
初めての病院で彼女が凄く不安がっていたのを今でも覚えている。
病院とは無縁の生活だった為、それ以降、彼女はキャリーバックにさえ入る事はなかった。

そんな彼女が家族の元ではなく、入院中の病院で他界したのだ。

彼女は幸せだったのか、私の選択は正しかったのか、ああすれば良かったのか、こうすれば最期は家族の元にいられたんじゃないか、どうすればもっと・・・・
そんな事が何度も脳裏をよぎった。

病院からの他界の知らせを受けたのは次の日の昼前だった、会社の上司との雑談でふとその事を話してたようだ。
昼を過ぎてから、その上司に呼ばれて「明日、会社を休んでください」と言われた。
上司を中心に私の仕事をチームのメンバーが分担して請け負ってくれて、私の休みが取れるように配慮をしてくれたのだ。
私はその夜、家族の元に帰り、次の日に彼女の供養が出来た。

上司やチームのメンバーには本当に感謝をしてもしきれない気持ちでいっぱいだった。
後日、その上司にも18年連れ添った犬が他界した経験があり、他人事ではなかったんだと話してくれた。
それから少し、上司と彼女の話をした。


彼女の話をもう少し書こうと思っていたのだが、今回は気持ち的に出来なかった。
また、彼女の事を書ける日が来たら、少しづつ綴りたいと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Danzig1023

Author:Danzig1023
ニコニコ動画とこえ部で
裏方さんをやっております。
気軽にお声かけください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。