スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今宵のDVD 『パコと魔法の絵本』

私の中では凄くいい映画!
「しかし」が続く物語

先日、レンタルで「パコと魔法の絵本」のDVDを借りてきて鑑賞した。
この物語は、一見ハチャメチャな喜劇ですが、最後までハチャメチャだ。
しかし、喜劇だけではないところが実にいい。

この物語は最初からハチャメチャ感満載ではじまる。
文字や映像、特にCGなんかはディズニーのオマージュかと思わせるものであったり、演出が劇団四季あたりのミュージカルを模していたりと、パクリ感も満載。
おまけに、ガンダムやエヴァンゲリオンなどの他の作品もそのまんま登場するという、どこまで本気なんだろうかという疑念すら湧いてくる作品である。

映画の前半は、いくら話が進んでいったところで、ハチャメチャが続くばかりで話の大枠すらも見えてこない。
「何かとんでもないハズレ作品を借りてしまったのかもしれない、俺はこの映画を最後まで見ていられるだろうか・・・・」とさえ思わせる。

実はこのDVDは、私の好きな阿部サダヲの出演している映画という事で借りて来たのだ。
他にも、役所浩二や国村隼などの実力派俳優も出演している。
それで、これは悲しすぎるだろ・・・企画倒れじゃ役者も浮かばれない。

しかし、映画も中盤に差し掛かる頃、ようやく重い腰を擡げてこの物語が動き始める。

ドロドロとしていた話は次第に固まり始め、進みゆく方向を指し示して行く。
それまでただ好き勝手にぶちまかれていたと思わせていた、ハチャメチャなアイテム達が、次々と結びついていく。
人間関係が明らかになるにつれて、深くなる世界観、見えてくる感情の交差。
次々と回収されていくそれまで気にも掛けなかったフラグ達。

そこまで来ると、この話が唯の喜劇ではない事が分かってくる。

ストーリーとしては、涙を誘う話なのだが、どこまでも止まない奇抜な演出やハチャメチャな映像がそれを許してくれない。
涙を誘われながらも簡単には泣かせて貰えないこのジレンマを、映画は物語の深みへと変貌させていく。

表面上はどうみても喜劇、しかし、その内在する人間味溢れる要素が見る者に笑い以外の何かをぶつけてくるのだ。

しかし、それだけでは終わらない。

次々と回収し続けられるフラグ。
一度回収されたかに見えたフラグは二重の伏線が引いてあり再び回収される。
そこに驚きと「してやられた感」を感じさせられる。

そして後半になり、物語は見る者が「きっとここに辿り着くであろう」という場所に向かって進んでいく。
見る者はそこに「思い通りに物語が進む心地よさ」を見出す事となる。
喜劇を装った、悲しくて泣ける話、それもいいじゃない。 面白い物語だった。
そう思わせるのだ。

しかし、ここまで人を翻弄し続けた物語が、そうやすやすと見る者の希望を叶えてくれる訳はない。

勿論、期待はまたも裏切られる事となる。

し か し
その裏切りは、見る者を
「思い通りに物語が進む心地よさ」から
「物語に翻弄されていく心地よさ」に替えて行く。
それが心地いいのだ、この物語の面白さはこの心地よさなんだろうと思う。

喜劇を装ったこの物語は、見る者がどんな想いをしようが、やはり喜劇なのだ。
そんな心地よさなんぞ私は知らないよ・・・・
そう言わんばかりに、見る者にそっぽを向いて喜劇のまま私達の前から消えて行くのだ。


感想として
このお話は、皆さんに是非見て欲しいと思った作品なので、物語のストーリーには触れませんでした。
機会があればどうぞご覧になってください。

私は個人的にこの物語は、丹念に練られたいいシナリオだと思っています。
ここまで練られたシナリオは久しぶりかな。
最近は仕事が忙しいせいか、緩いお話ばかりを選んで見ています。 この物語もそんな話かなぁと思って借りたものです。
しかし、予想を裏切り真剣にみる羽目になったのですが、良かったと思っています。

また機会があれば借りるだろう・・・・そんな映画でした。


最後に
このDVDには「舞台説明字幕」や「舞台説明」というものがあって、舞台や状況の説明をしてくれています。
どちらかというと、台本に書いてある事を読みあげているといった感じの説明なのですが、2度目、3度目にこういう設定にするのは面白くていいと思います。
DVDならではの機能なので、見る際には愉しんでください。






スポンサーサイト

今宵のDVD 『TRICK(トリック)』

映画ではありません。

先日、レンタルで「TRICK(トリック)」のDVDを借りてきて鑑賞した。
劇場版ではなく、テレビシリーズの第1作目だ。
公開が2000年7月というから、もう15年以上前の作品となる。

なぜ劇場版ではなく、テレビシリーズを借りて来たかというと、実は劇場版を借りようと思ったのだが、どうせなら最初から見た方が、いろいろ分かるからいいかなぁという軽い気持ちからだった。
なので、近いうちに劇場版も借りてこようと思っている。

さて、実のところ私はこの話のストーリーをあまりよく知らないのだ。
テレビでは、断片的に何度か見た記憶があるが、一つの話を最初から最後まで見た記憶はない。
しかも、今回DVDを借りてきて分かったのだが、このドラマはどうやら連続物だったようだ。

推理物だから、てっきり一話完結だと思っていたのだ。
何んとも間抜けな話である。

しかしながら、連続物とは言っても、1巻のDVDで、キチンと話が収まっている。
その辺りも計算しての放送だったのだろうか。

15年以上前の話だから、多少のネタばれはいいと思うが・・・

技術はあるが何故か売れない女手品師と、自称天才物理学者がコンビを組んで難事件を解決するというストーリーなのだが、私もそれくらいの知識はあったのだが、その程度の知識しか無かった。
この1巻を見て、初めて知る人間関係や世界観の設定もなかなか奥が深そうで面白かった。

「奥が深そうな」というのは、立てたフラグがこの後回収されるかどうかにかかっているといったところだ。

話の内容的には、今回は怪しげな新興宗教から一人の女性を助け出すために、その教祖の秘密を暴くというもの。
これだけ聞くと、一見教祖のトリックはありふれたもののように感じる。

しかしながら、トリックは思ったようには暴けない。
この辺りは、一話完結でないだけに時間をたっぷりと掛けられるだけの強みであろう。
また、話のタイトルに「トリック」と謳っているだけの事はあり、なかなか凝った作りをしている。
DVD1巻を通して十分見応えのある作品になっている。

キャスト陣も、なかなか良い役者をそろえていて見応えもある。

15年前だからだろうか、主役の手品師を演じる仲間由紀恵が非常に可愛らしい。
彼女の演技は、今でも上手なのか下手なのか私の物差しでは測れない独特の演技をするのだが、このトリックでの可愛らしさはとてもよかった。
誰だったかが「国民的貧乳」と称していたが、確かに国民的な笑顔だと思った。

もう一人の主人公の物理学者を演じているのは阿部寛なのだが、こちらは15年後の今と比べても確かに若いのだが、あまり変わっていないという印象だ。 テルマエロマエでもなかなか見せてくれたが、彼もまた、上手いのか下手なのかが測れない独特の演技をする人だ。
この二人がコンビを組んでいるのだから、私にとっては難解というかなんというか、なかなか不思議な見応えのあるドラマになっている。

今回みた感想としては、
劇場版を見る前にこちらを見ておいてよかった。
次に借りるのも、劇場版ではなくて、今回の続きだろうと思う。
テレビシリーズが劇場版になるドラマが幾つもあるが、やはり、それなりに面白い作品なんだと思う。
テレビドラマを最近とんと見なくなったが、今回のドラマはなかなかよかった。

プロフィール

Danzig1023

Author:Danzig1023
ニコニコ動画とこえ部で
裏方さんをやっております。
気軽にお声かけください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。